税務署の調査とは何か?どこまで調べるのかや時期など解説のサムネイル画像

税務署の調査とは何か?どこまで調べるのかや時期など解説

税務署の調査とは具体的に何をするのか皆さんはわかりますか?時期はいつからなのか、どのくらいの頻度なのか疑問はたくさんあると思います。今回はそんな方々のために税務調査とは?という皆さんが抱えている疑問に答えて行きたいと思います。税務調査の正しい知識を身につけて調査に対応できるようにしましょう。

公開日 : 2021/01/26

更新日 : 2021/01/26

目次

税務調査のよくある事例とは?

「税務調査」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?

 

ドラマでよく見る、大きな会社に段ボールを持った税務署の職員が入っていくようなイメージをする人も多いと思います。

 

しかし、税務調査は必ずしも会社だけとは限られません。 個人事業主や、副業をしている人、パートの人も対象となる場合があります。 税務調査を他人事に思っている人も、対象である可能性がありますよ。 では、税務調査のよくある事例を見ていきましょう。

税務調査の対象になった

Aさんの経営する会社は事業が軌道に乗り始めて、急激に成長しました。それによって税金の納付額増えてしまい、税務調査の対象になってしまい悩んでいます。また、税金の処理を税理士に相談したいが、報酬額が高いので一歩が踏み出せないで悩んでいます。


このような場合、税理士に任せてしまった方がいいのか悩みますよね。Aさんと似たような状況の方も多いと思いますので、一緒に考えていきましょう。


税務調査は事前通知がいつくるか、はっきりとは決まっていません。予期せぬタイミングで連絡が来て、十分な書類の準備ができなかったら大変ですよね。税務調査では、法律にそって申告内容に誤りがないかを帳簿で確認していきます。

売上金や、経費を確認して間違いが発覚すると、追加で納税をしなければならなくなります。
不測の事態を避けるためにも、Aさんの場合は税理士を雇った方がよさそうです。

税務調査の事例

税務調査の対象になる会社は、どのように選ばれるのでしょうか。事例を見ていきましょう。

 

基本的に税務調査には選出の基準は無く、企業の規模・納税額は関係がありません。中小企業や赤字を抱えている会社も税務調査の対象となる可能性があります。さらに、会社だけではなく内職やパートで働く主婦や、ネット販売の個人事業主も対象です。

 

期間としては、だいたい5年に1回程度のサイクルで税務調査が行われます。 しかし、10年以上も税務調査を受けたことがない会社も実際にはあります。 一方で、不正が過去に見つかり、頻繁に税務調査を受けている会社もあります。

 

税務調査に選ばれやすい業種としては、居酒屋などの飲食店や、風俗店、IT会社、美容サロンなどがあげられます。 この業種以外でも不正が起きやすい業種や、売り上げ以上に経費がかさんでいる会社も狙われやすいです。 税歴表や過去の業績などから、条件が揃った会社が選定されます。

 

このように、税務調査の対象になる会社には一定の傾向があることがわかりますね。

しっかり納税していても税務調査の対象になる

税務調査とは、一般的に不正を働いたり所得を意図的に隠しているような悪徳企業が受けるイメージですよね。しかし、しっかり納税しているのに、税務調査の対象になってしまうこともあります。一体どういうことなのか、見ていきましょう。

大きな会社になればなるほど申告漏れが起きやすい

しっかり納税をしていても、税務調査の対象になってしまうことがあります。一体なぜなのか、原因を見ていきましょう。

税金は法律が取り扱いが難しい

大きな会社になればなるほど取引の量とカバーすべき税金の法律の範囲が増えますよね。膨大な種類の税金を仕分けていくだけでも、大変な労力を要します。

 

税金についてあまり知らない人が、全く不備が無い状態で書類を完成させるのは、非常に難しいです。

税金の法律は改正が多い

税金関連の法律は改正が多いです。いくら利益を出すことに長けている企業であっても、税金のことまで詳しいとは限りませんよね。業務が多忙となる中で、最新の税金の法律を細かくチェックするのは難しいです。

 

また、年々税金の制度は複雑になってきています。しっかり納税できていると思っていても、申告の漏れは起こりやすいのです。

 

しかし、しっかりと納税しているのに税務調査を受けることになったら、なんだか理不尽に感じてしまいますよね。そのような事態を防ぐためにも、税理士の相談して申告や納付のサポートをしてもらうことをオススメします。

 

税理士にまかせることで、申告が漏れてしまったことによる税務調査の心配も無くなるので安心感が生まれます。さらに、税金関係の処理に時間を使うことも無くなり、その分仕事に精を出せます。

 

税理士を雇うお金をけちってしまった挙句、膨大な時間と気力を奪われてしまって後悔したという話もよく聞きます。その結果、申告の漏れが見つかって税務調査を受けることになってしまったら、意味がないですよね。

 

また、顧問税理士を持つと、業務上の税金相談もできます。税金のエキスパートである強力な味方ができると、税金関連で困った時も安心ですよね。

個人事業主にも申告漏れは起きやすい

もちろん、申告の漏れがおきるのは大きな会社に限った話ではありません。
税務調査は個人事業主に対しても行われます。特に、個人で経営していて売り上げが増えていると、必然的に仕事量が増えますよね。そうすると、申告の漏れは起こりやすくなります。個人事業主の場合でも、税理士のサポートがあると大変心強いですよね。

また、サラリーマンでも休日にアルバイトをしている人がいますよね。最近ではフリマアプリを使って、気軽に商品を出品できるようになりました。コロナウィルス感染拡大の影響で将来に不安を覚えた人も増え、こうした副業は増えつつあります。

副業であっても、金額次第では確定申告が必要です。マイナンバー制度が普及したことで、税務署は一人一人の収入が把握しやすくなりました。必要であるにもかかわらず確定申告をしていなかった場合、税務署から連絡がくることもあります。

納税は国民の義務です。分からないからといって放置していたり、ばれなかったらいいや、という判断は危険です。

税務調査とはなんなのか?

税務調査とは一体なんなのでしょうか。実際のエピソードを交えて税務調査の内容を確認していきます。

実際に税務調査を体験したエピソード

事例1:所得隠し

A会社は商品の評判が良く、毎年順調に売り上げを伸ばしていました。売り上げが1,000万円を上回ると、2年後に消費税の納税義務が発生しますよね。消費税を納めたくなかったA会社は、売り上げを950万円ほどで申告し続けていました。

 

しかし、相手は税金のプロです。「所得を過少報告していないか。」を目を付けられしまい、税務調査を受けることになり、罰金刑が課せられてしまいました。

 

所得隠しは立派な脱税行為です。罰金刑や、行政処分の対象となってまうので、行わないようにしましょう。

 

このように、A会社は意図的に売り上げの数字を操作していましたが、数字の間違いでも納税の義務は発生する場合があります。例えば、期末がずれている指摘を受け修正を行った結果、課税事業者になることもあります。書類に不備がないか、提出前にしっかりと確認しておきましょう。

 

事例2:計上の漏れ

B会社は金属製品を取り扱う工場です。製造工程で生じる鉄くずを、定期的に訪れる回収業者に買い取ってもらっていました。通常その代金は「雑収入」として計上すべきですが、経理を通さず、その収入を従業員との飲食代に使う習慣ができてしまっていました。

 

そして、B会社は税務調査の際にその不正がばれてしまいます。飲食代に使ったという領収証も保管していなかったため、「本税の35%」という重加算税対象となってしまい、追徴税額が発生してしまいました。このような所得隠しは、ばれやすいので注意しましょう。

 

では、その他の事例も見ていきましょう。

その他の税務調査の体験エピソード

事例:問い合わせを無視

C会社は、溶接の工場を営んでいて、少規模なので事務員はいませんでした。ある時、大口注文の納期がせまっていたため、数か月間郵便物を放置してしまいます。ところが、その中に税務署からの問い合わせが何通も入っていたのです。

 

C会社は問い合わせに返事をしなかった結果、税務調査を受けることになってしましました。

 

この事例は、何度も問い合わせがあったにもかかわらず、無視してしまったパターンです。少し返事が遅れてしまっただけで、すぐに税務調査というわけではないので安心してください。

 

また、郵送に限らず電話で税務署から問い合わせがくることもあります。急な連絡にたいていの人は驚いてしまいますが、不正をしていない限りはあわてる必要はありません。問い合わせにはしっかりと対応しましょう。

 

事例:架空会社で赤字申告

会社の売り上げが赤字になった場合、その年の給与所得から差し引けますよね。この仕組みを利用して、Dは実態のない会社を作り、毎年赤字申告をしていました。具体的には、私的に使った家賃や携帯の代金、飲食費を経費にして、給与に課税されている税金の還付を受けていたのです。

 

しかし、毎年赤字が続いた会社は、一般的に倒産することが多いです。その中で、継続している会社は目を付けられて、税務調査で実態を確認されやすいです。Dも例外ではなく、税務調査を受けて会社の実態がないことがばれてしまいました。

 

この手法は過去に問題とされ、指示したコンサルタントが一斉摘発されたこともあります。いくら還付が受けられるからといっても、のちに不正がばれて返還するのでは意味がありませんよね。目先の利益に囚われず、怪しい誘いがあっても断るようにしましょう。

 

実際に税務調査を体験した事例を4つをご紹介いたしました。このようなことにならないように、税金はしっかり申告したいですね。

ところで、税務調査には2種類調査の種類があることはご存知でしょうか。

「任意調査」と「強制調査」とは?

 税務調査の調査には、以下の2種類あります。

 

1.任意調査

任意調査は、通常行う税務調査です。資本金が1億円に満たない法人や、個人事業主といった規模の小さいものは税務署にある調査部門が調査を行います。資本金が1億円をこえるような大きな法人は、国税局の調査部が調査を行います。

 

任意なので拒否をすることもできますが、納税額を決めるのは税務署なので、課税されてしまう可能性もあります。基本的には従っておく方がいいでしょう。

 

2.強制調査

国税局の査察部が、多額の脱税をしているような悪質納税者に行う調査です。通称マルサ、とも呼ばれ、ドラマでよく見るのはこちらの強制調査です。調査が終わると、結果次第では検察庁に告発されてしまいます。

 

「事前連絡」と「事前調査」の内容とは?

税務調査を行う時には前もって、事前連絡と事前調査があります。しかし、「税務調査を行います。」と突然連絡が入ったら驚いてしまいますよね。連絡がきた時に慌てないためにも、事前連絡と事前調査の内容について確認しておきましょう。

事前連絡とは?

税務調査がおこなわれる場合は、会社と会社の顧問税理士宛てに電話で事前連絡があります。事前連絡の時期は、原則、税務調査を実施する10日ほど前です。電話で日取りを決める際は、税務調査の対応ができる時期を決めておくことが重要です。

しかし、次の場合は事前通告なしで税務調査が行われることがあります。

・納税者が重加算税の対象となる脱税(仮装隠蔽)行為を行っていると想定されるケース

・飲食業や小売業など、不特定多数の者と現金決済で商売を行っている納税者の場合

では、次に事前調査について見ていきましょう。

事前調査とは?

税務署は税務調査の連絡をする時は、前もって事前調査を行います。事前調査では、過去5年分の申告書の見直し作業と、申告状況の推移の検討を行います。具体的には「売上」「仕入」「経費」などを、過去の数値と比較して、異常値がないかどうかを調べる作業です。

また、そのほかに過去に税務調査を受けたことがるのかチェック、取引先の状況のチェック、外観調査のチェックを行います。

税務調査の行われやすい時期とは

一般的に、税務調査は毎年9月~11月がピークと言われています。なぜこの時期なのでしょうか。その時期に行われるのには、ちゃんとした理由があります。

7月に税務署の人事異動が終わり、調査先の選定が始まります。そして、調査先の選定が終わるこの時期が税務調査のピークとなるのです。税務調査がいつごろ行われる可能性が高いのかを把握する上で、月別の税務行政の状況を理解することが大切ですね。

税務調査の流れと注意点

では、注意点を確認しながら、税務調査の流れを見ていきましょう。

調査一日目の午前中は何をするの?

調査官が来たら必ず身分証の確認を行ってください。午前中は、雑談しながら会社の近状を確認されます。この時、調査官は帳簿に記載されていない内容の聴き取り調査をしています。

また、会社に関する情報は、

・会社の沿革、
・業務の主な内容
・経営方針
・取引先や取引の条件
・金融機関との取引条件
・役員及び幹部社員の氏名と職務の内容
・従業員の状況(責任者、従業員、従事内容)

上記の内容を聞かれることが多いです。

調査一日目の昼休みには何をするの?

午前中の調査が無事に終わり、昼休憩の時間です。 ここで調査官の昼食を用意する必要はありません。 一体なぜなのでしょうか。

 

調査官たちは調査先で昼食の提供を受けてはならないことを、上司から厳しく忠告されています。 また、昼休憩は午前中の内容を整理する時間でもあります。調査官は気にせず、午後の調査に向けてしっかり休憩を取りましょう。

調査一日目の午後は何をするの?

売り上げ会計のチェック

まずは、売り上げ会計をチェックされます。顧客との取引において、受注から代金回収まで、どのような管理体制で、どんな書類を作成しているかを知るために聴き取り調査が行われます。

その具体的な内容は、

・受注伝票やメモなどは作成されているか?
・出荷・納品に関する台帳、納品書の作成時期はいつか?
・運送手段は何かで、運賃負担はどちらか?
・請求書の作成は、何をもとに、いつ誰が作成するか?
・代金回収方法は何か? 
・領収証は何冊使用しているか?

などの質問がありますので、事前に質問の回答を考えておきましょう。それ以外にも、売上に関する証票類の把握と帳簿等との照合も行われますよ。

仕入れや外注費のチェック

次に、仕入れや外注費のチェックがあります。主に、発注から入庫、代金支払までの間に記録されたり、作成されたりする伝票や帳簿類などを確認します。

また、いつ誰によって作成され、どこに誰が保管しているかの聴き取り調査も行われます。
その内容は商標類からの検討、仕入れ表からの検討が行われます。

期末棚卸資産計上のチェック

期末棚卸資産計上のチェックもあります。

・実地棚卸の実施日時
・実地棚卸方法
・実地棚卸の担当者
・決算期末以外の実地棚卸の実施の有無
・棚卸表
・棚卸高の集計方法
・棚卸の原始記録の保存状況

上記の内容がチェックされるので、必要な書類は事前に集めておきましょう。

現状調査・現金監査

税務調査では、現状調査と現金監査の調査がされる時もあります。

1.現況調査
脱税の証拠である書類や預金などを調べるために、社長や経理の机、金庫などを調べることがあります。現況調査を行うのは1日目が多いですが、警戒心が少し解けた2日目以降の場合もあるので注意でしてください。

2.現金監査
現金の残高と、出納帳の残高が同じであるかを調査します。もし違っていた場合は原因を追究されてしまい、調査の日数が追加されることもあります。事前に合っているか確認しておきましょう。

調査二日目には何をするの?

2日目は、主に帳簿に関する調査が行われます。帳簿では、人件費・一般管理費・雑収入が見られます。また、令和元年の消費増が増税されたことにより想定される調査ポイントとして、損益計上関係、経過措置関係の2点があげられます。

損益計上関係では、本来10月1日より後に計上するべき売り上げを9月30日より前に行って増税対策をしていないか、確認されます。また、9月30日より前の仕入れを10月1日より後の仕入れにして、10%の仕入税額の控除をしていないかも確認されます。

経過措置関係では、平成31年4月1日より後に行った契約を、3月31日より前に行ったものとして不正な適用を受けていないかを確認されます。日にち以外でも、要件を満たしているか確認されます。

その後

2日目以降はどうなるのでしょうか。2日間で充分調査しきれなかった項目については、引き続き行われます。

・実地調査
・追加資料提出要請
・取引先や取引金融機関への確認作業

これらも必要に応じて行われます。また、修正申告の請求を税務署から求めて来ることがあります。しかし、税務署の主張に納得おかないようでしたら、修正申告しなくても大丈夫ですよ。

税務調査の対象になりそうな会社とは?

どんな会社や個人が税務調査の対象になりやすいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

前回調査からの経過年数

だいたい5年に1回程度のサイクルで税務調査が行われることは、先ほどお話しましたが、これらの会社は、2年あるいは1年が経過した時点でも税務調査実施の候補に選ばれるケースがあります。

 

・申告においての異常計数が多い会社

・資料情報があるため早く調査を実施しなければならない会社

申告において異常計数が目立つ会社

前期に比べて売上が増加しているにもかかわらず、営業利益や申告所得が減少している会社
は、税務調査の対象になりやすいです。

また、例年に比べて多額の経費計上がある企業などの異常計数が目立つ会社も、税務調査実施の候補に選ばれる可能性が高いです。

資料情報がある会社

実は、税務署は国税庁という全国展開している大組織の中の一支店です。税務署には会社に対する資料情報は蓄積されています。その情報の中で、特に問題が多いとみなされた会社に対しては調査の手が伸びてきます。

前回の調査で脱税を行っていた会社

当然ですが、前回調査で脱税行為を行っていた会社は、税務調査の対象になりやすいです。また同じ誤ちを繰り返す可能性があるとともに、是正されているかについても確認する必要があります。

長期未接触法人

前回調査から5期(年)以上経過しており、ある程度の売上金額や申告所得がある企業も、税務調査の対象になりやすいです。定期検診という意味合いですね。

個人に対する調査もある

税務調査が行われるのは会社だけではありません。では、どのような個人事業主が対象となるのでしょうか。

税務調査の対象になる個人事業主

会社に比べると、個人で税務調査の対象になる可能性はかなり低めです。 しかし、個人で不動産の売買などの多額のお金が動いたケースや、ネット取引で多額の収入があったケースでは、税務調査の対象となることがあります。

 

「売上が前年より極端に増えた」「利益率が良くなった」「現金商売である」「過去税務調査の対象となり、多額の修正申告をしたことがある」などの場合には、調査の対象となるので注意しておきましょう。

個人の税務調査の対策

個人の税務調査の対策としては、誠実に対応することが一番大切です。また、領収書はしっかり整理しておき、また税理士にしっかりと相談しておきましょう。

税理士は税金の専門家です。今までも、数々の税務調査を経験してきた税理士もたくさんいます。税理士と協力すれば、調査官のペースにはまって、払う必要のない税金を徴収されることもありません。

税務調査に強い税理士とは?

では、税務調査に強い税理士とはどんな人なのでしょうか。税理士を検討する上で、その見極めるべきポイントを見ていきましょう。

税務調査は税理士と乗り切ろう

税理士は税務調査では心強い味方です。顧問税理士がいるにもかかわらず、直接税務署員がやってきたりした場合には、毅然とした態度で接してください。

顧問税理士がいない場合には、税務調査にスポットで対応してくれる会計事務所に依頼するという方法もあります。また、顧問税理士はいるけれど、税務調査の経験があまりないというようなケースでも、調査だけそうした事務所に対応してもらうことが可能です。

一度、近くの税理士事務所に相談してみましょう。

税務調査に強い税理士とは?

依頼しようとしている税理士は、税務調査に強いのか? 下記の点をチェックしてみてください。

 

・税務署のやり方を熟知していて、彼らとの妥協点を見つける方法も知っているか

・税理士を雇うコストは、ペナルティのリスクも含め、支払う税額をどれだけ下げられる可能性があるか

・何より「安心して」税務調査に臨めるか

 

しかしそうした話も、税務調査に知識と経験を持つ税理士を見つけることが前提にです。

税理士による税務調査のお悩み解決事例

初めての税務調査

しっかり事前の打ち合わせを行えたおかげで、初めての税務調査も安心して臨めました。調査後に調査官から受けた指摘事項が納得できなかったため、税理士に主張・抗弁をお願いしました。最後まで戦って頂いた結果、満足した結果を得る事ができました。

税理士に依頼しなければ、このような結果を得る事は出来なかったと思います。

国税局案件の税務調査

国税局の税務調査でしたので、信頼と実績のある税理士を希望していました。お願いしたい税理士が遠方だったので心配でしたが、快いお返事を頂けました。依頼時、すでに実調査は終了しており、取りまとめの時の依頼でした。

調査後の依頼であったにもかかわらず、訪庁にも同席していただき、大変助かりました。

正しい知識を身につけて堂々と税務調査を受けよう

いかがでしたでしょうか。 税務調査において、税理士は大変心強い存在であることが分かりました。 税務調査を受けるには、専門家の正しい知識が大切です。

 

しかし、税務調査も得意であると宣伝をしておきながら、実績のない税理士も中にはいます。 しっかりと下調べを行って、信頼と実績のある税理士に依頼しましょう。

LPバナーLPバナー